« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

「青い空の下で」大阪公演

震災が起こった翌日、大阪公演の打ち合わせに行く予定でした。

翌日はキャンセルさせて頂いたのですが、やはり「前に進めなくては」と思い、日曜日に日帰りで行ってきました。

お世話になる劇場へのごあいさつ。キャストの方との打ち合わせ。等々。

チラシもあがり、台本も上がりました。


稽古は、二週間で仕上げます。(商業演劇並み


その前に一度、5月に顔合わせと、台本読みをさせて頂くことになりました。

さて、いよいよ始まります。


震災が起きてから、様々な公演が自粛や中止といった動きが止まりませんでしたが、


頑張ろうと思います。


今だからやろうと思います。


益々一生懸命にやるしかないと、思っています。


私に出来ることの一つだと、そう思っています。


今日の、東京の空は、特別青かった。

「青い空の下で」

東北の空も、きっと青い空なんだろうなあと思いながら、深呼吸しました。


| | コメント (12)

考える

3.11以降、色んなことを考えましたね。


私たちは、あまりに便利な世の中に慣れ過ぎていました。


指一本で、お風呂が沸いたり(我が家にはその便利な装置はありませんが


3分と待たずに次の電車がホームに滑り込んできたり。


デパートのトイレに入ったら、ふたが勝手に開いたり、勝手に流してくれたり。便座は常に暖かかったり。


夜のコンビニは、「おいで、おいで」と言わんばかりに、明りをこうこうと発光して、そして吸い寄せられるように、

入ってみると、揃わないものはほとんどないくらいのたくさんの商品を選べたり。しかも24時間。いつでも。

日常で、当たり前にしていたことが、出来なくなって初めて気付く。


超便利な世の中だった。でも今だって十分、普通に便利な世の中なんです。


私のちょっとちょっとの心がけで、みんなのちょっとちょっとの心がけで、節電も出来る。

エスカレーターが止まってたって、健康とダイエットのために階段を使おう!と決めれば、朝からいい運動!

そんな風に考えていても、「原発の事故レベルは、一番上の7に引き上げられた」

という、ニュースを聞くと、もしかして、普通に生活出来なくなる時が来るのかなと、ふと不安になる。

余震とは思えないくらいの大きな地震が頻発していて、昨日はめまいがしばらく止まらなくて、「これが地震酔い

か?」と、苦笑


不安も、恐怖も、無力さも、切なさも、ごちゃまぜだけど、それにも打ち勝つ強い心を持ちたい。

負けたらあかん。


泣いたらあかん。(ほんまは、「泣きなはれ」って意味だけど)


私たち日本人は深く固い絆で結ばれてきた。

約200カ国ある世界中の、わざわざ「日本」を選んで生まれ合わせた私たち。

これを縁と言わずしてなんと言う。

ましてや、その縁深い人たちが苦しんでいる。

放っておける訳がない。

他人事と、思える訳がない。


だから、自分の出来ることを、一生懸命やろう。


心はいつも寄り添って。


いまこの瞬間も、祈り続けて。

| | コメント (5)

また

大きな地震がありました。


被災地の方を思うと、胸が潰れる思いがします。

「なんでまたしても…」


と、やるせない気持ちでいっぱいになりました。

容赦はしてくれないのかと。


もう、こうなったら、とことん立ち上がろうじゃあありませんか!!

どんなに打ちのめされても、命があることは事実です。


命の限り、前へ進める権利があります。


また、次の命に繋げていくことも。


負けない!

絶対に負けない!!

| | コメント (6)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »