« つれづれに | トップページ | お父ちゃん »

お母ちゃん

といえば、未央 一さんこと、「うるさん」です。

この「泣いたらあかん」シリーズ完結編を、東京で上演した時に、初めて貴楽屋に参加して頂きました。

それからも、うるさんと、同じ舞台に立たせて頂く機会を頂きました。


宝塚歌劇団の元男役スターで、現在も、多方面に渡って活躍をされています。

うるさんのすごさは、すごいキャリアの方なのに、いつでも低姿勢で、まっすぐで、全力投球なのです。


そして、温かい。


今回は、体調があまり思わしくなく、ハードな毎日だったと思います。

舞台裏では、静かに充電しながら、舞台に出た時は、100パーセント元気に走り回る!

そして、会場を包み込んでしまう圧倒的な存在感。

そして、おもろいsmile

舞台を降りてこられると、ご自分もへとへとなのに、袖で控えている私を気遣い、扇子であおいで下さったり・・・


(私は私で、楽屋に帰っている余裕がないので、舞台袖で、汗をふきふきまた舞台へ・・・coldsweats01


うるさんのその姿に、この舞台を盛り上げ、そして成功させてやるんだとの、「母」の思いを感じていました。

やはり、うるさんは「お母ちゃん」でしたhappy02


「お母ちゃん」とのシーンは、私自身の告白のシーンでもありました。

「私はホンマはあかんたれやった」

その通り、私のことです。


だから、あれは反省の涙なのですcrying


お母ちゃん、ほんまにありがとうweep


たくさんの方に支えられ、舞台を作り上げる。


本当に、一人では何も成立しません。


盆踊りのシーンは、うるさんが、振りをつけてくださいましたshine

観て下さった皆さんが、目に焼き付いていると、おっしゃって下さいました。


今回も、新しい出会いを頂き、新しい発見が多くありました。


その出会いを数多く作って下さったのは、「お父ちゃん」である、中村信行さん。のぶさんです。

次は、のぶさんを語りたいとおもいます!

|
|

« つれづれに | トップページ | お父ちゃん »

コメント

先輩wink

そうでしたね。去年は、浦川さんの回でしたね。

どちらも本当に強烈で、そして可愛い「きみちゃん」でしたsmile


うるさんが、引き受けてくださるなら、私はいつでもラブコールします。

今度はいつ共演できるかな。

投稿: たかこ | 2012.06.23 14:42

Champ Joeさん

そうでしたか!

そうですよね。元々は、ご家族のつながりで・・・・


昨年も観て頂いてたのですね!

ありがとうございました。

うるさんは、本当に魅力的な女性です。

そして可愛らしいheart04

女優として、そして人として、尊敬しています。

半次さんを貴楽屋にご縁頂いたこと、感謝です。


今後もどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: たかこ | 2012.06.23 14:39

一昨年の年末、ひろで未央さんを紹介してもらったけど、「青い空の下で」は未央さん出演の日に行けなくて、今回の公演は本当に楽しみにしてました。圧倒的な存在感とスピード感のある芝居、さすが元タカラジェンヌ。盆踊りの振りは当時こんなんあったんかも?と思わるほど、劇にきれいに嵌ってた。終演後に挨拶したら丁寧に返してくださったし、大物ってやっぱりちゃうなぁ。また未央さんの芝居を貴楽屋で観たいわ。次も是非未央さんをキャスティングしてな。次回ののぶさんの巻、期待してるで。

投稿: sada-mie-hota | 2012.06.23 00:00

去年の6月17日、「青い空の下で」を観に道頓堀ZAZA HOUSEへ、受付でうるさんの名前で切符を受け取りました。力強い舞台演出に圧倒され、軽快なダンスに魅せられ、豹柄のお母ちゃんに笑わされ、バスタオルの決定打にノックダウン(*_*)
「泣いたらあかん」のうるさんは、まさかの幽霊?あの舞台への出で、観客を引き付ける強烈なパワーはさすが!と言う他ない。今回も笑わされ、泣かされましたm(__)m
不思議な出逢いで、家族ぐるみのお付き合いさせて頂いてます。お陰様で、今年の受付では、「時見の・・・」と言って整理券頂きました。考えてみれば、去年受け取った切符はうるさんがくれた「貴楽屋との出逢いの切符」やったんですね(^_^)

投稿: Champ.Joe | 2012.06.22 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれに | トップページ | お父ちゃん »