貴子「翔太、あんた最近面白くないわねえ。ボケもちっとも決まらないし。」 翔太「女将さん、僕はお笑い芸人やないんですよ。修行に専念して、早く一人前になりたいんです。」