「私、母と暮らして、母のような小説家になるんです!!」

--母の温もりを知らずに育った美雪が、満腹食堂で母と巡り合い、そして離れていた時間を取り戻すように、執筆活動を続ける沖縄の母の元へ。
「優子さ~ん!!よかったね」 by 貴子